本文へスキップ

海を眺めながら一杯の香り高き珈琲をゆったりと味わう。最高に贅沢な時間の使い方を望む”おとなのため”のカフェです。

海と珈琲とスイーツと。

僕らの思考we ARE

お客様へのお願い。 美味しいものを提供したいが故に・・

◎Café des épicesでは全席「禁煙」とさせていただいております。
珈琲には淡路のスペシャルティコーヒー専門店「タワーコーヒー」様の香りへの熱い思いがあり、
当店のシンプルなスイーツ(焼き菓子)ひとつをとっても、ほのかに鼻に抜けるフレーバーがあり。
また、当店のカレーにおいてもスパイスの香りやベースのスープの風味など、香りを楽しんでいただく
ための計算が盛りだくさん!
それらをじっくりとお客様の中で楽しんでいただくといった観点からも、喫煙者の方々には
ご理解いただき、禁煙のご協力をお願いいたします。

◎調理にお時間頂きますが大きな心でお待ちくださいませ。
軽食以外のお昼のお料理に関しまして、香りや食感を大事にしたいと考えておりますので
作り置きではなく、お客様からオーダーをいただいてから調理に取り掛かります。
また料理人である私とカフェ担当のパートナーの二名で切り盛りする小規模な当店です。
多分にお待たせいたしますが海を眺めながら調理場から聞こえる調理音や
漂いくるお料理の香りをお楽しみいただきつつ料理の完成をお待ちいただければと思います。

◎カメラでの撮影について
当店は狭い店舗につき携帯やカメラでの撮影は隣席のお客様のご迷惑になりますのでご遠慮下さいませ。

◎団体様でのご来店は・・
正直、5名様以上の団体でのご来店はお店のキャパを超え、お料理の質の低下を招きかねません。
お客様の大切な方とご一緒に、少人数でのご来店をお待ちしております。

皆々様にはご迷惑をおかけ致しますが、なにとぞご理解ご協力の程宜しくお願い致します。


カレーについて

◎当店のランチタイムにご提供させていただくカレーは数量限定とさせていただきます。
理由としまして、以下の製造過程が関係してまいります。
基本的に粉末や固形のうま味調味料等は使用せずにスープを焚くのに時間がかかるのですが

・ベースとなる鶏のスープ作りに約27~29時間
・その他、牛や魚介のスープなどにも上記ほどの時間を
・淡路産の玉ねぎを弱火でじっくりと煮詰めること3日半
・上記を各パーツとして味を確認し、仕上がりに応じてブレンドを変えつつ、リンゴやワインなどを
 加えながら基本のカレーベースを作って参ります。

上記を定休日や季節ごとのカレー臨時休業(玉ねぎ休業等)で行った上で1週間ほど
温度変化を与えたりしながら熟成を進めてまいります。
この工程を経てお客様に提供させていただくのですが、
一度の蔵出しにてご提供できるカレーが約80食程度となっております。
こちらを日曜からの5営業日で販売いたしますので、完売しますと次の蔵出しを行うまで
は商品がないという状況になってしまいます。(繁忙期の水・木曜が品薄や完売になる事がございます)
以上の理由から当店のカレーはなくなり次第終了とさせていただいております。
大量生産できず申し訳ございません。


◎温故知新。基本を大切にしながら新しいスタイルを模索します
Café des épicesでは、旧店舗「イートアップ!」で行っておりましたカレーの研究を
引き続き行ってまいります。
ベースのスープに関してはじっくりと時間をかけて丁寧にアクをとり続ける等
料理の基本を大切にし、手作りをモットーに人工のうま味調味料は一切使用いたしません。
これにより優しい味わいのカレーベースが仕上がりますし、お客様の味覚に影響を与えず、
お客様の健康づくりの一助になるのではと考えております。
また季節の野菜や食材を使って季節感を大切にしながらスパイスの配合につきましても
ふとした瞬間のインスピレーションでオリジナルの配合を致しますので
どんな味のカレーが出てくるのかな!?と楽しみにしていただけるのではないでしょうか。
「あなたの知らない世界、そして私も知らない世界!」
皆様と共にスパイスの世界を楽しんでいければいいなと思っております☆

寝ても覚めてもカレー、カレー、カレー・・
四六時中カレーに夢中でどうしようもない店主ですが、今後とも応援よろしくお願いいたします。


shop info店舗情報

Café des épices

〒772-0013
鳴門市撫養町岡崎

営業時間 10:00~17:00(LO 16:00)
定休日  金曜・土曜 (2月・8月玉葱休業)

Curry time
11:30~14:00 (売切れ次第終了)